オリックス銀行カードローンまとめ【即日審査・おまとめ借り換えも!審査甘い口コミは?】

即日審査・おまとめ借り換えも!審査甘い口コミは?

銀行カードローンは、非常に信頼度の高く金利が低く融資枠が大きいという特徴があります。

しかし一方では、審査に時間がかかる上に提出しなくてはならない書類が多数であるので、手続きが煩わしいというイメージが持たれていました。

このような状況の中で利用者を増やしていったのが消費者金融です。消費者金融は、銀行が取り扱っている商品よりも金利は高く設定されていますが、手続きが簡単で柔軟な対応がなされており、急にお金が必要となった場合の利用に向いている内容です。

消費者金融の利用者は1000万人を超えており、複数の業者から異なる商品を利用するケースも多くみられています。必要以上の金額を利用してしまった事により、返済が困難となった人も増加してしまいました。

そこで施行されたのが総量規制という規則です。利用額は年収の3分の1以内とするという規則であり、消費者金融等の貸金業者を対象としています。
この規則が施行されたことにより、多額の借り入れがある人は消費者金融から新たに融資を受けることは困難になっています。

総量規制が施行されて以降に、注目を集めているのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは総量規制の対象外であるので、消費者金融から融資を受けることが困難となっている人でも利用できる可能性があります。

様々な銀行カードローンランキングの中でも評価が高いのが、オリックス銀行カードローンです。

利用限度額が最高800万円という大型の商品であり、使用目的を問わないフリーローンです。レジャーや生活費等の様々な目的で使用する事が出来ます。

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?口コミは?

非常に多くの人から利用されているカードローンの一つに、オリックス銀行カードローンがあります。

では、実際にオリックス銀行カードローンの審査は甘いのでしょうか。

まず、オリックス銀行カードローンに申し込みたいと考えた時点で、申し込み資格として挙げられている一つの点が、毎月の安定した収入があることです。

つまり、こうした明確な条件があるため、誰でもかれでも申し込んで、通らない人が多く出るといった状況はそれほど多くないと言えるでしょう。

さらに嬉しいことに、オリックス銀行カードローンは、一般の銀行のカードローンと比較すると審査が甘いとも言われています。

その理由は、二種類の保証会社によって審査が行なわれることにあると言えるでしょう。

一つは、比較的厳しい高額プラン用の会社であり、もう一つは低額ローンのための会社です。

この後者の会社においては、審査が比較的緩いのが特徴となっています。

このように、二種類の保証会社によって行なわれるため、たとえ収入が低い場合であっても、利用限度額が低ければ審査に通る可能性が高くなると言われています。

実際に、オリックス銀行カードローンを利用している方々の口コミを見てみると、審査が比較的甘いといった高評価を目にすることができます。

寄せられた口コミの一部をご紹介しましょう。

アルバイトをしている二十代後半のある人は、銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われている中で、オリックス銀行カードローンの審査に通ったことに喜んでいます。

またある四十代の会社員からの口コミも、他社からの借入金があったのにオリックス銀行カードローンを利用することができるようになったことへの高評価を寄せています。

オリックス銀行カードローン審査時間や日数は?

オリックス銀行カードローンとは、WEBからいつでもお好きな時間に申し込みをすることができますが、審査結果の連絡にかかる時間はどのくらいなのでしょうか?まず、審査結果の連絡については、審査に通過をしていれば申し込みの際に希望した電話に連絡してもらえますが、審査に落ちている場合には、メールあるいは書面での連絡となります。

審査結果は、審査申し込みの受付から、通常2~3日程度が目安となっていますが、土・日・祝日および年末年始(12/31~1/3まで)は、申し込みの状況によっては時間がかかる場合があります。

とくに土・日・祝日が間に入る場合には、およそ5日間程度の日数がかかると思っておいた方が良いでしょう。

審査に通過している場合には、電話連絡とともに、本人に申し込みの意思があるか否かと、申し込み内容についての確認が行われます。

それと同時に勤務先への在籍確認も行われますが、とくにご本人が電話口で対応する必要はありません。

在籍確認が完了したら、カード発行がされて、自宅に郵送の手続きが行われます。

また、同時にオリックス銀行から、「必要書類アップロード用URL」が、登録のPCメールアドレスに送付されまてきますので、指示された所定の場所に必要書類をアップロードします。

必要書類とは、運転免許証やパスポートなどの身分証明書で、利用限度額が300万円を超えるような場合には、あわせて源泉徴収票や確定申告書、あるいは給与明細書などの所得証明書類のいずれかのコピーも提出する必要があります。

もしも、分からないことがある場合には、カードローン専用の問い合わせ窓口に電話をすれば、いつでも教えてもらうことができます。

オリックス銀行カードローンの審査は遅い?即日融資は可能?

オリックス銀行カードローンの審査は、遅い?というほど時間がかかるのでしょうか。

銀行側は最短で即日審査も可能であることを宣伝していますが、実際には違うということなのでしょうか。

オリックス銀行カードローンは銀行のカードローンです。

そのため保証会社を通すことが必要です。

通常こういった保証会社は銀行ごとに1社であることが多いのですが、オリックス銀行カードローンでは2社通すことで、より多くの人が条件をクリアすることができるようになっているといえます。

このように間口が広いため、パートやアルバイトの人でも安心して申し込みができるのです。

このように多くの人が利用することができるため、必然的に時期によっては混雑する可能性があります。

そのような時に申し込みをすると、即日で結果を出してもらうのは難しいといえるでしょう。

その他にも、土日に申し込みをした場合は営業日外ですので即日で審査をしてもらうのは不可能です。

また、人によっては信用情報の調査に時間がかかることもあります。

結論としては、すべての状況で即日審査をしてもらうことはできない、ということです。

また、オリックス銀行カードローンは間口が広く審査を丁寧に行うため、全体としては審査に時間がかかる傾向があるということもいえるでしょう。

このような状況があるため、オリックス銀行カードローンは手続きに時間がかかり、遅いというイメージを持たれることもあるのです。

ですから、手続きを終えて即日融資を行うことも可能(取引額が少額であればよりスムーズに審査に通りやすい)なのですが、状況によっては不可能なのだということができます。

これはすべての人の審査に時間がかかるということではありません。

オリックス銀行カードローンの審査には銀行口座が必要?

オリックス銀行カードローンとは、金利が3.0%~17.8%の低金利なうえに利用限度額は高額の800万円までと、非常に高スペックであることから、業界でも大変注目されているカードローンですが、審査網込みの際には、オリックス銀行の口座をあらためて開設する必要があるのでしょうか?銀行系のカードローンでは、銀行口座をすでに開設していることが即日融資の条件となっている場合がほとんどですが、オリックス銀行では、カードの審査申し込みや契約をする際に口座開設の必要はありませんし、オリックス銀行に口座を開設していない場合でも、契約完了後であれば、最短で即日融資をしてもらえます。

審査結果の連絡には通常2~3日前後掛かりますが、審査通過後には契約手続きを行い、同時にローンカードが発行されて、自宅に郵送されます。

ローンカードが届いたら、オリックス銀行カードローンの公式サイトから、メンバーズナビのログインをクリックし、「ログインID」または「カード番号」と「ログインパスワード」を入力のうえ、ログインをします。

ログイン後に、振込融資の手続きを行えば、指定の口座に振り込みをしてもらうことができます。

提携ATMからローンカードで、自由に引き出すことが可能となります。

また、申し込みの際に融資金を振り込みしてもらうための「登録口座」と、融資金を受取るための専用口座である「振込専用口座」の両方を登録すれば、振込融資の申し込みの都度、受取先を2つの口座から指定することが可能となります。

教育資金利用や自己投資資金、あるいはご自身のお小遣い用など、目的ごとに振り込んでもらう口座を使い分けることができますので、さらに便利に活用することができます。

オリックス銀行カードローンの審査は収入証明書が必要?

オリックス銀行カードローンとは、オリックス銀行が取り扱っているカードローンで、業界でも最低水準の金利3.0%~17.8%で利用限度額は最高800万円と、非常に高スペックであることから、大変人気が高くなっています。

さらに月々の返済は、毎月の借入残高から決定されるシステムになっており、借入残高が30万円の場合のその月の返済は、わずか7,000円と、とても返済しやすい金額であることも人気となっている理由のひとつです。

申し込み方法は、ネットからのみとなっており、オリックス銀行の公式ホームページから、カードローンに進み「お申し込みはこちら」のボタンから、審査申し込みに進むことができます。

個人情報の取扱いに関する規定や保証委託約款などに同意のうえ、申し込みフォームに必要事項を入力して、送信するだけで審査申し込みが完了します。

その後、所定の審査のうえ、2~3日前後で審査結果の連絡が届きますので、その後に契約手続きに進みます。

オリックス銀行カードローンでは、審査や契約の際に、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

登録済みのメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が送られてきますので、そちらにアップロードを行います。

また、借入限度額が300万円以下の場合には、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などの収入証明書類の提出は必要ありませんので、煩わしい書類の準備が不要です。

借入限度額が300万円以上となる場合には、本人確認書類と合わせて提出をしましょう。

その後、ローンカードが自宅に郵送されてきますので、以降は利用限度額の範囲内で何度でも借り入れを行うことができるようになります。

オリックス銀行カードローンは土日でも審査OK?

おまとめローンなどの高額な借り入れに便利なオリックス銀行カードローンは、銀行系の中では限度額が800万円と高く、加えて下限金利は3.0%と業界最低水準となっています。

しかし、上限金利は銀行系の中では珍しく17.8%と高くなっているので、申し込みをする場合は高額の借り入れができるかどうかを確認してから利用する必要があります。

何故なら100万円を超えた場合は、上限金利は15%までと法的に定められていて、実際にも14.8%までになっているからです。

条件が厳しいですが使い勝手は良いので、多くの人に支持されて、カードローンとしても人気のある商品です。

オリックス銀行カードローンはインターネットを利用すれば365日無休で24時間いつでも申し込みをすることができますが、審査回答までの時間は即日融資も可能な業界において、決して早いものではないようです。

公式ホームページでも書かれていますが、審査結果が出るまでは申し込み受付後の2~3営業日が必要となっています。

また、土日の営業を行っていないため、例えば金曜日に申し込みを行うと、土日を挟んでしまい4~5日前後かかるようになります。

土日は営業をしていませんが、申し込み自体は可能なので、とにかく早く審査を通過してお金を借りたいという人は、曜日などは気にせずホームページから申し込み手続きを行うと良いでしょう。

審査が通過してからカード発行、郵送までにも時間がかかりますが、対応するネットバンキングを持っていれば、その口座に即時振込をしてもらうことができます。

ただし、窓口が開いている時間帯に振込依頼をかける必要があるので、土日では対応していません。

カードが発行されれば、提携ATMから引き出すことができるのであくまでも代理措置として考えておくと良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査で勤続年数は重要?

オリックス銀行カードローンの審査では、勤続年数は重要になります。

勤続年数は3年以上が理想ですが、1年以上あれば審査落ちの原因になったりはしないという意見が多いです。

勤続年数が1年未満ですと、それが原因で審査に落ちたという口コミなどもあります。

勤続年数が重要になるのは、正社員でも勤続年数が短い人はすぐに辞めてしまう可能性が高いからという理由です。

新卒採用の人の場合、4人に1人は3年以内に辞めてしまうというデータもあります。

正社員で働いている人は、将来にわたって安定した収入が見込めるので、派遣社員や契約社員に比べて有利になりますが、勤続年数が短い人は、正社員であっても不安をもたれてしまいます。

派遣社員や契約社員の場合には、契約期間が終わったら失業することが予定されていますので、同じ職場で何年働いているといことはあまり意味がないと考える人もいるかもしれません。

しかし、同じ職場で長く勤められない人は、すぐに転職をしてしまって忍耐力のない人というイメージをもたれてしまい、審査で不利になる傾向があります。

また、同じ仕事を続けているほど、スキルが身についているということも予測できます。

派遣社員や契約社員、アルバイトであっても、同じ仕事を長く続けている人は信用が上がります。

オリックス銀行カードローンの公式ホームページでは、「毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方」という条件だけが提示されており、勤続年数についての条件は明示されていませんが、審査には必ず影響すると思われます。

しかし、不利になるというだけでなく、勤続年数が長い人はかえって有利なポイントとなるので、多くの人にとってはアピールポイントとなることでしょう。

オリックス銀行カードローン審査は職場に在籍確認ある?

オリックス銀行カードローンでは、審査の申し込みや契約手続きの際に、必ず勤務先への在籍確認が行われます。

このことから、「職場に電話がかかってくるのには、抵抗がある」と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、在籍確認をするからといっても、ほんの数分の確認のみでとくにご本人が対応する必要はありません。

会社のどなたが対応しても問題ありませんし、オリックス銀行カードローンであるとか、銀行名を名乗ることはありません。

ほとんどの場合は
担当者の個人名で電話が掛かってきますし、「△△と申し込ますが、〇〇さんはご在席でしょうか?」と聞くのみです。

電話を受けられた方が「〇〇は、いま席を外しております」あるいは、「〇〇は、本日はお休みです」「どのようなご用件でしょうか?」などと回答すれば、それでOKです。

「承知いたしました。

またあらためてご連絡いたします」程度の会話が交わされるのみです。

会社の人が、どのような用件なのか、伝言があるかなどを聞いたとしても、一切詳しい内容を話すことはありません。

銀行側も信用問題ですので、プライバシーを侵害するようなことは絶対にありませんので、安心して申し込みをしましょう。

また、もしもご自身がお休みや外出中に電話があるのではやはり心配という場合には、電話を受けられる事務の方に、「保険の契約のことで、自分あてに電話があるかもしれません」くらいのことを伝えておいてはいかがでしょうか。

もちろん、ご自身が電話に出られる環境なのであれば、ご自分で電話に出て直接対応をしても、まったく問題はありません。

在籍確認というとなんだか緊張しますが、非常に事務的な作業でしかありませんので、とくに気負う必要はないでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査申し込み何時まで?

オリックス銀行カードローンとは、オリックス銀行が取り扱っているカードローンですが、審査の申し込みはWEBのみとなっています。

それでは、何時までに申し込みをしなければならないのでしょうか。

オリックス銀行カードローンは、24時間365日いつでもお好きな時間に申し込みを行うことが可能ですので、とくに審査時間に決まりはないようです。

スマートフォンや携帯電話、タブレットなどがあれば、ネット環境のある場所なら何処からでも申し込みをすることが出来ますので、出張先などでも、お金が必要になったら手軽に申し込みが出来ます。

また、オリックス銀行カードローンでは、契約後には電話からでも申し込みか可能となっていますので、その際には窓口の営業時間が決まっています。

電話で借り入れをする場合には、平日の朝9時から18時までとなっており、この時間内であれば、電話でも刷り込みを依頼することが可能です。

土日祝日および年末(12/31~1/3まで)は休日となりますので、注意が必要です。

また、契約後の借り入れは、指定口座への振込(振込融資)と、提携ATMから引出し(ATM引き出し)の2通りになります。

銀行振り込みの場合は、金融機関の営業時間によって異なりますが、受付時間はいずれも0:10~23:50など、比較的長い時間利用することが可能となっています。

ただし、即時振り込みを希望する場合には、9:00~10:00までと比較的短い時間指定がありますので、注意が必要です。

また、ATMを利用する場合には、全国各地に設置してある93,000台以上の提携やコンビニATMから、1,000円単位からの借り入れが可能ですが、利用する銀行やコンビニによって利用時間が異なりますので、あらかじめオリックス銀行カードローンのホームページから、最寄りのATMについて調べたうえで利用をするようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの審査落ちの対策とは?

オリックス銀行カードローンの審査に通過するためには、最低限の条件が必要となります。

まず、年収についてですが、200万円以上の年収があれば審査に通過しやすいと言われており、300万円以上であれば、まず問題ないでしょう。

また、オリックス銀行カードローンでは、利用限度額が300万円以下の場合には、年収の分かる書類として源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などの収入証明書の提出が不要となっていますので、利用限度額は300万円以下で申し込む方がおすすめです。

もちろん、年収や既存の借り入れによっても、希望限度額は考量する必要があります。

既存の借り入れというのは、審査落ち対策として最も重要なことになります。

他社からの借り入れについては、できる限りない方が望ましいでしょう。

どちらの銀行系カードローンでも言えることですが、他社から借りていることは、カードローンの審査でマイナスポイントになる場合が多いようです。

確実に審査に通過したいという場合には、他社からの借り入れを完済したうえで申し込みをする方が無難です。

しかし、オリックス銀行カードローンでは、他行と比較しても、おまとめローンや借り換えローンに関しては、積極的に融資を展開していますので、他社からの借入金額と年収によっては、審査に通過する場合もあるようです。

そのためには、勤務先の勤続年数や居住年数は、少なくとも1年以上であることや、クレジットカードのショッピング枠を外しておくなどの対策も必要となります。

もちろん、遅延や返済をしていないなどの金融事故がないことは大前提となりますが、もしも、そのような事故歴がある場合には、少なくとも5~6年間経過してから審査の申し込みをするようにしましょう。




前の記事